フローリングの小さな傷の補修

家具などの移動でフローリングにできた小さな傷は意外に目立つものです。


家具などの重いものを引きずった時のできるひっかき傷の補修は意外にも目立たないように、しかもきれいにすることができます。
小さく浅い傷やえぐれ手で来た傷のには、フローリング補修キットが便利です。



傷に埋める充填剤のセットはホームセンターなどで購入るることができます。
この場合には、フローリングの色に合ったセット品、ホットナイフ専用プラスチック製のヘラ、つや調整用のナオロンパッド、木の木目描きマーカーペン、下地処理用ナオロンパッド、不織布などがあります。必要の応じてキット品を準備します。浅いひっかき傷は、フローリングと同じ色の補修用ペンを目立たなくなるまで何度も重ね塗りをして、傷に埋め込みます。

東京の浴室のリフォームならお任せください。

比較的重量物を床に落としたりしてえぐり傷には、クレオンタイプの補修剤を薄く削り、指でこねてえぐり傷に埋め込みます。ひっかき傷やえぐり傷に塗りこんがり、埋め込みは床よりやや盛り上がらせます。塗りこんがり、埋め込んだ盛り上がりの部分を下地処理用ナオロンパッドや布を木片に巻いた木片などでこすり、ほぼ平らになるまで削りこみます。この後、木片につや出しナオロンパッドで平らにして完成です。


えぐれやひっかきでできた深い傷の場合には、ホットナイフで、溶かした充填剤を傷の中に埋め込みます。固形化してからプラスチックナイフで床面とほぼ同じになるまで削り取ります。
その後は、木片につや出しナオロンパッドで平らにして完了です。


木目が気になるようでしたら木目描きペンで木目を描きます。
靴下やスリッパ、足などにつかないように、仕上げにワックスをかけます。

お手軽さが魅力の産経ニュースの情報サイトを利用して良かった。

関連リンク

  • 近頃の住宅は和室よりも洋室が増えて、中には一部屋も和室の無い住宅もあるようです。洋室が増えてきたので床の仕上げ材はフローリング張りが増えて、その維持管理に戸惑っている人も多い事でしょう。...

  • フローリングの修理を考える時は、劣化してきた時や床鳴りしてきた時です。床鳴りはどの様な場合に発生するかというと、無垢のフロアの場合は、材料の乾燥による収縮が考えられます。...